Go to content Go to navigation Go to search

マカオ旅行についていえること

2011年8月3日

私がマカオ旅行についていえることはたった一つだけだと初めにお断りしておこうと思います。
それはあのあらしの夜に起きたある驚くべき現象を私のおじさんが発見した時から始まりました。
その日は銀行が休みだったため、私とおじさんは銀行の前の公園でベンチに座りうなだれていました。
そのとき一粒のしずくが私の髪にかかったかと思うと、次の瞬間土砂降りの雨に変わり、わたしとおじさんが家に帰り着くころにはすっかり嵐になっていました。
その日の午後は晴れるという天気予報だったのにいったいどうしたことだとおじさんは嘆いていました。
しかしまだ午後までには1秒あると私は時計を見ながら思った瞬間、雨はぴたりとやみ、空は明るく晴れ渡ったのでした。
マカオ旅行に行くのなら、マカオの世界遺産をぜひ見ておきましょう。マカオの世界遺産は30の建築物と広場から構成されています。たとえば、聖ポール天主堂跡は、圧倒的な存在感でマカオの象徴となっています。もとは、1602年から1640年に建設された聖母教会で、当時は「ローマ以東で最も美しい教会」と言われていたのですが、1835年の火災で残念ながら焼失してしまいました。現在は、ファサード(正面壁)のみが残っています。ファサードの裏には、階段があり、広場を見下ろせます。東西の文化交流の影響がみられるその装飾は、世界でも珍しく、威風漂う様子はとても印象的です。マカオの中心地であるセナド広場からは、徒歩10分ほどで到着します。

アイルランド旅行という選択肢

2011年8月2日

みなさん、アイルランド旅行にはいったことはありますか。
ないという方のために、アイルランドの魅力を少しご紹介します。
アイルランドは、ヨーロッパの最西端、イギリスの隣に浮かぶ美しい緑の島です。
欧州安全な国ランキングでは1位、さらには友好的な旅先、暮らしやすい国ランキングでも1位になっています。気候は、冬は東京、夏は軽井沢並の穏やかな気候なので、私たちも安心して旅行することができるのではないでしょうか。
妖精が暮らすと呼ばれている森や草原には40種類の緑色が織り成す樹木の不思議な光と静寂を感じることができます。
自然の中に息づくケルトの遺跡をみることで、長い歴史を育んできたアイルランドのイメージをさらに幻想的に見せてくれます。
あなたもアイルランドを訪れることで、あなただけのアイルランドを見つけてみてはいかがですか。
アイルランド旅行に行きたいです。アイルランドはアイルランドらしい文化を持っていて、イングランドとは違う誇りをもった土地ですから、どこか気骨を感じる風土がありますので、そういったアイルランドに旅行に行けばきっと良い体験ができるでしょう。


アイルランド出身の人はアイルランド人である事に非常な誇りを持っています。それは決しておごり高ぶりのある誇りではありませんから、そういったアイルランド人の気性は日本人が理解出来る物だと私は思います。


アイルランド旅行に行くには、やはりツアーに参加した方が良いと思いますので、アイルランド旅行ツアーをネットで探してみて、手頃で良い物があれば、そのツアーに参加してみたいなと思ってます。

見れるか見れないかのドイツ旅行

2011年7月31日

ドイツ旅行に行ってきました。
ほんとうかどうかわかりませんが、ドイツ人は真面目なイメージがあります。
そのため、ほかの国よりは安全な気がしていました。
ですから、ツアーで行ったので常に集団行動だったのですが、少しの時間に一人で歩いて
しまいました。歩いた場所は駅構内です。そこで買い物をしました。なんといいますか、
初めてのおつかいをした気分でした。
そして、ドイツ旅行、最大の目的地であるお城の見学です。
先日テレビで見た時にレポーターが霧か何かでお城が全く見れなくて、
ものすごく嘆いていることが印象に残っていたので、自分はどうだろうかとドキドキして
いました。
結果は、絵はがきと同じ見事な姿を見せてくれました。
やはり自分は日ごろの行いがよいのだと納得しました。
ドイツ旅行で大多数の方は先ずフランクフルトを訪れます。フランクフルトはマイン川の岬のフランクフルトという意味があります。フランクフルトには古代ローマ遺跡がまちの近くに残っているまちでもあります。しかし、まちに到着してまず目に入ってくるのはフランクフルト名物と言っても良い高層ビルの数々です。ドイツの中でもこれだけの高層ビルが並ぶ都市は珍しいと言われています。その中でもフランクフルトの歴史を伝承しているエリアではやはり商業の盛んな都市なので、ヨーロッパの一流ブティックからドイツを代表する大きなデパート、地元の方も利用する数々の商店が軒を列ね、多くの人々が行き交っています。ショッピングストリートの近くにはドイツの文豪の名前のつけられた通りもあります。

修学旅行の九州旅行ツアー

2011年7月29日

今期は修学旅行で、九州旅行ツアーをすることに決定しました。私たちの学校は北海道ですから、日本の北の大地から南へ縦断するように、修学旅行を敢行するのです。途中日本の都市、東京や名古屋、大阪に立ちよりまして、観光スポットを巡ります。行きはこのように順路をポイントごとに宿泊しますので、行きで3日程度のゆっくりとした時間をかけて行きます。逆に帰りは飛行機で、九州から北海道に直行便で帰りますので、全くどこにも寄ることはなく、すぐに帰る事になります。いまから、詳細を詰めて参りますのでなにか希望がありましたら、生徒会の目安箱か、顧問の先生、担任の先生を通して、今回の修学旅行ツアーの会議に出席をするようにして下さい。
九州旅行ツアー出いい発展などをしてみるような考え方などをしっかりと役立てられるような工夫などをしてみるようなことでとても自分のためになって浮くるような楽しみ方などを人にも教えてあげられるような方法などをしっかりと取り組めるような状況などを作れるようになってくる解いたことなどがありますので、そうしたことなどはとても素晴らしいアイディアなどをもっとたくさん応用してみるような機会になってくるといえますし、これからはとても重要な情報などをたくさん集められるようにしてみるといいでしょう。そして九州旅行ツアーでとても感動などをたくさん見つけられるようなたびにしてみるような方法などをよく考えておければいいでしょう。

ブラジル旅行とイグアスの滝

2011年7月28日

長年ブラジルと味噌汁の違いがわからず苦しんでいた私にとって、今回のブラジル旅行はとても有意義なものとなりました。私がブラジル旅行で最も感動したものの一つに、イグアスの滝があります。滝というくらいなので、自宅の風呂場のシャワーとは水量が全く違いました。水がもうなんだかわからないくらいに白く見えるのです。あの轟音と水の動きは一度見るとやみつきになります。お土産に持って帰って市役所の前に飾りたいくらいでした。あんなに神秘的なイグアスの滝ですが、あの中にもおそらく魚が住んでいるはずです。あの激流の中で生きていける魚は、私から言わせてもらうと、まぐろより強い精神を持っています。私もイグアスの滝の魚のように強く生きたいです。
ブラジル旅行に行ったら絶対見に行ってほしい場所が2つあります。
まずはあの有名な屈強な男たちの広場である素晴らしき温泉街です。
私もブラジルへは仕事で頻繁に行くのですが、いつもその時は素晴らしき温泉街を訪れるのを忘れません。
それはイタリアのプラドの泉よりもより屈強で素晴らしい形をした噴水なのだと聞いています。
わたしはイタリアの方は言っていないので、どのくらい屈強なのかを比べられないことを申し訳なく感じています。
どうかご了承ください。
それからもうひとつの場所はもちろんナイアガラの滝です。
あそこほど人間の本心を暴き出す自然の力を感じることのできる場所はないのではないかと私の叔父も叔母も二人とも言っていました。

予定が狂わないスイス旅行

2011年7月25日

海外旅行へ行って困るのが、電車やバスの時間が不正確であるといったことです。海外旅行の時には、スケジュールを組んで、この時間にどこへ行くといった風に、効率的に観光地を回れるようにしている方も少なくないでしょう。そうした時に、電車が時間通りに来なくて、スケジュールがめちゃくちゃになってしまったという経験をしたかたもいるのではないでしょう。確かに海外では日本に比べて、電車などの時刻は正確ではありません。しかし、その中でも、日本と同じかそれ以上に正確な国もあります。それがスイスです。スイスの鉄道は世界一といわれているぐらい、正確なのです。そのためスイス旅行では、電車のせいで予定が狂うと行ったことがなく、充実した時間を過ごせるのです。
休日はスイス旅行で良い旅の思い出づくりをしましょう。スイスといえばアルプスの名峰です。山の間から朝陽がのぼるご来光は感動的です。そして、スイスで最も人口が多いチューリッヒはFIFAなどの国際機関が集まる町としてしられています。石畳の旧市街は高級ブティックが並んでいますのでショッピングにおすすめです。レストランも充実しており食事も十分に楽しむことができます。アイルランド出身で作家のジェームス・ジョイスがかつて住んでいた家がチューリッヒ大学の近くにあり、毎年多くのファンがかけつけるといいます。スイスで様々な風景を堪能し素敵な思い出をつくればあなたにとって素晴らしい思い出になることでしょうから期待できることでしょう。

オーストリア旅行の見どころ

2011年7月24日

オーストリア旅行の見どころは、どんなところでしょうか。オーストリアは、ドイツの南に位置するヨーロッパの国です。面積は、北海道くらいの、とても小さな国です。その小さな国に、見どころが、数多くあります。音楽の都として、世界的に知られている首都ウィーンの素晴らしい文化に触れてみましょう。気持ちが、清々しくなるはずです。そして、このウィーンの広大な丘陵地帯がウィーンの森と呼ばれているものです。世界遺産にも登録されている、オーストリアの街並みは、本当に素晴らしいものです。オーストリアには、8つの世界遺産があります。ウィーンのシェーンブルン宮殿、ウィーンの旧市街、グラーツ旧市街、ザルツブルク旧市街、センメリング鉄道等があります。
海外旅行にあこがれるみなさんなら一度は行きたいヨーロッパの雰囲気を十分に味わえるオーストリア旅行。多くの世界遺産があり歴史や文化の香りに圧倒されること間違いなしです。都市部から田舎町までアジアの日本とは違うヨーロッパの魅力満載です。それが大自然と調和して訪れる人を感動の渦に巻き込んでいます。芸術の国なのでぜひ音楽鑑賞も候補に入れたいです。あわただしく暮らす日本人には音楽に興味がない人もいるかもしれません。ですが優雅な時間の過ごし方に何もかもを忘れ、リラックス出来るとともに、鳥肌が立つくらい感激します。欧米の人は長期休暇を取ってオーストリア旅行に来るくらいポピュラーな旅行先になっているようです。

北海道旅行ツアーの魅力について

2011年7月22日

北海道旅行ツアーの魅力はいろいろあります。まず挙げられるのは、北海道最大の魅力の一つともいえる温泉です。北海道内の温泉地数は全国1位であり、総湧出量も全国2位を誇っています。
その数多くの温泉地の中でも、おすすめしたいのはやはり、登別温泉です。札幌や、空港からの交通の便もよく、知名度とその泉質の豊富さも含め、北海道ではナンバー1と言えるでしょう。そのほかにも、広大な自然を有する北海道の各地にはいろいろな温泉郷があり、それぞれ個性的な魅力を持っています。
温泉以外にも、スキーやスノーボードなどのスポーツやレジャー、毛ガニ、ウニ、鮭、イクラなどの魚介類などを使用したグルメなどを楽しめるのも北海道旅行の魅力の一つでしょう。
北海道に行きたいと思い、北海道旅行ツアーについて、調べてみました。いろいろなツアーがあるのですね。北海道は、食べ物がおいしいです。蟹やジンギスカンなど、さまざまな特産品があります。私は、東北に住んでいるのですが、北海道には、まだ一度も行ったことがありません。北海道といえば、寒いというイメージがありますが、私の住んでいるところも、雪が多く、とても寒いです。やっぱり、北海道は、私の想像する以上に雪国なのでしょうか。北海道旅行ツアーについて、いろいろ聞いてみましたが、やはり、北海道に旅行に行く人が多いみたいですね。夏でも冬でも人気のある、北海道旅行。是非一度、北海道旅行ツアーに参加してみたいですね。

カンボジア旅行の楽しみ

2011年7月19日

カンボジア旅行の楽しみとはいったいなんでしょうか。
異国情緒溢れる外国に赴くことで、その国の雰囲気を肌で、人間として成長できる可能性がある事などは前回・前々回に記述しましたが、果たしてカンボジア旅行の利点とは本当にそれだけなのでしょうか。
カンボジアと言えば、ニュース等で耳にしたことがあります。
確か、日本に好意的な方が非常に多い国であったはずです。
とするならば、私や我々の様な日本人がカンボジアに旅行した際には、現地のカンボジア人からもっぱら好意的な視線や態度で迎えられるのではないでしょうか。
異国情緒の溢れる場所で、観光客として歓迎されて遊べるのであれば、これ程楽しめる国もそうそうは存在しないでしょう。
カンボジアは、亜熱帯地域ならではの様々な陸上文化と、沿岸部の会場文化を上手に融合させている国家としても大変知られています。そして、カンボジア国内を流れるメコン川は、多くの水資源をカンボジアへともたらしています。過去にはフランスの植民地であった時代もあるのですが、植民地であった国に見られる言語の変遷はなく、現在ではカンボジア独自でもあるクメール語と呼ばれる言語が公用語として使われています。ですから、もしもカンボジア旅行へと赴かれる際、ツアーを通して添乗員などが付き添いで以内場合には、このクメール語を事前にある程度勉強しておくことが、現地で上手に、そして安全に観光を行う上でもとても大切な要素と言えます。

中国旅行と万里の長城

2011年7月16日

中国旅行といえばマチュピチュだということはきっと間違った認識なのではないかと先生に指摘されて、私は朝までかかってインターネットでそのことを調べました。
すると一つの事実が鮮明に浮かび上がりました。
それは中国旅行についての大きな発見とそして全身でもあったのだそうです。
それは何かと申しますと万里の長城こそが中国旅行のだいごみであり、決してマチュピチュではないということが明らかになったのです。
W他紙は次の日の学校の授業で、せんせいに、昨日自分で調べた事実をすべて告げました。
すると先生はとても喜んでくれ、私に賞状を作ってくれました。
その日の帰り私は前から母が歩いてくることに気が付き、その書状を見せました。
中国には遥か古代の歴史の中に埋もれてしまった、すばらしい古代拳法があるのです。その拳法は、一子相伝のまぼろしの拳法なのです。私は、そのまぼろしの拳法を実際にこの目でみたいとおもって、会社の同僚であり、私にとっての素晴らしい友人である有名格闘家を誘って、中国旅行へ行くことにしました。まぼろしの拳法をつかうという格闘家を中国のいろいろな場所や地域を探し回っていたのですが、まったくみあたらなくてあきらめかけていたとき、わたしたちは古い道場を見つけたのです。その道場の師範が、探していた拳法の使い手なのでした。私たちは、拳法をみせてもらおうとお願いして拳法をみせてもらいました。そのむだの一切ない動きのキレに私たちは感動をしました。

← 古い投稿